そら豆をおいしくゆでる方法

そら豆をおいしくゆでる方法という事で、この記事ではそら豆のゆで方についてご説明したいと思います。

そら豆のゆで方、難しいですよね。ちょっとゆで方を間違えるとシワシワになったり水っぽくなったりします。そら豆をゆでる際、そのままゆでるとしわしわに、包丁で切れ込みを入れると水っぽくなってしまうのですが、ちょっとしたコツさえ覚えればそら豆をおいしくゆでる事ができますので、ご紹介しますね。

1.まず、ソラマメをさやから出します。さやの大きさとは違い、そらまめは少ないですね・・・ちょっと損した気分になります(笑)そら豆の黒いスジの部分に包丁で切れ込みを入れましょう。

2.ここでそら豆のゆで方ポイント1です。そら豆は沸騰したお湯に入れます。地面より上になるものはお湯から、地面より下になるものは水から・・・の原則に従います。お湯が沸騰した時に塩と酒を加えておくとそら豆の青臭さをとる事ができます。そら豆をお湯に入れたら2分ゆでます。意外と短い時間なんですね。

3.そらまめを2分ゆでたら、スグにざるにあげて冷まします。ここでそら豆のゆで方ポイント2です。冷ます際に冷水に浸けてしまう方もいるようですが、冷水に浸してしまうと水っぽくなってしまいます。ざるにあげたらうちわでパタパタ扇いであげましょう。

4.そらまめが冷めたら皮をむきます。最初に切れ込みを入れているので、その部分からむくとむきやすいです。

ここまででそら豆のゆで方はOK!そのままビールのつまみにしてもよし、後に紹介するそら豆レシピに使ってもよし!そら豆ライフを楽しんでくださいね。

スポンサード リンク

サイトメニュー

サブメニュー

旬の食べ物リンク

Copyright © 2007 そら豆のおいしいゆで方・レシピ情報♪ All rights reserved.
- テンプレートマジック -